« 藤助とカボチャ | トップページ | お泊りの二匹 »

2013年10月 7日 (月)

求む!強いリモコン。

テレビを見ようと、

131007_1_2

スイッチオン。。。すると犬達が・・・

 

 

 

131007_2_3
 

131007_3
 
 

131007_4_3

犬をよけて届くリモコンってないですか?

 

 

 

いつもありがと。。。藤助の背後にはラガーがひかえています。順番を分かっていらっしゃる。

お気に召したらクリックを  (ノ゚∀゚)ノ

Rankbun01_1

← 人気BlogRanking 【ラブラドール】参加中。。。

 

 

Rankbun35← にほんブログ村 【ラブラドール】参加中。。。

 

 

Yonhikibun2← 本日更新。 

 

 

 

|

« 藤助とカボチャ | トップページ | お泊りの二匹 »

コメント

ご無沙汰しております。
いつも楽しく拝見しておりま〜す。
アハハ、可愛いイラスト^^
我が家のリモコンはおそらく「強いリモコン」です。
でも、強かったら強いなりに悩みもあるものでよ。
ちょっと触れただけで反応するので、先日うちのダニーが床にあったリモコンに触ったのでしょう、TVをONにするだけじゃなく、とある番組を録画までしてました。
ちなみに、関西テレビの「ほんでなんぼ?」っていう通販番組でした。

「藤助の治療」のコーナー読ませていただきました。
藤助くん、肥満細胞腫発覚後も順調な様子でなによりです。
うちのダニーも肥満細胞腫発覚後3年半が経過します。
ダニーの場合は切除しやすい場所でしたので早急に除去手術をしました。
細胞診の結果は最悪のステージと言われ、余命はほとんど無いかのように宣告されました。
ほんとにガンのことってよく解ってないことがいっぱいあるのでしょうね。
特に犬の場合は健康に一生を送ってもヒトよりはるかに短い寿命ですから、
予後の予測はわからないんじゃないかと思います。
実は、8月にダニーの心臓の中に腫瘍が見つかりました。
場所が場所だけに、手術はおろか良性か悪性かの検査もできません。
もうちょっと大きくなると心臓の弁を塞いでしまうので即刻アウトというシビアな場所です。
発見後徐々に(数ミリ単位で)大きくなってきていたので、このままなにもしないで手をこまねいているよりはと考えて抗がん剤を投与しました。
いまは、少し腫瘍は小さくなっています。
でも、副作用が激しくて今後も続く抗がん剤治療をどうするか悩み中です。

3年半前、肥満細胞腫で獣医さんからは絶望的な予測をもらっていながらあっさり克服してしまったので、
今回もその可能性もありかななんて思っています。
心臓の腫瘍が小さくなった今、何も無かったかのように元気にしています。
10才からはギフトですか。
そう考えれば少し気が楽になります。
ダニーは10才と4ヶ月です。
一日一日、神様からのギフトを大切にします。

ごめんなさい、長いコメントになってしまいました。

ブログ こちら http://icandoeveryday.blog110.fc2.com/ から
こちらへ http://kyonspic.tumblr.com/ 引っ越しました。

投稿: ダニーママ | 2013年10月10日 (木) 16時28分

>>ダニーママさん
ダニー君はえらい。がんばってる。

心臓に腫瘍とは・・・レアケースですね。
抗がん剤で小さくなるのはうれしいけれど、副作用もついてきちゃう。
ダニーママさんの悩みが痛いほど伝わってきます。

「きみはどっちがいいんだい?」
答えてくれたらどんなに楽でしょう。

 
先日、抗がん剤治療をしている知人との話の中に、
「病気のあるカラダでも元気に暮らせている時は、カラダが絶妙にバランスを取っているんだと思う。」
というセリフが出てきました。
簡単にいってしまうと、カラダが病気に「慣れる」ということなのですが、
病気になる前に比べて、水分をたくさん欲するようになったとか、○○をよく食べるようになったとか・・・
カラダの要求に従った生活をしたら、体調が整ってきたというのです。

「カラダはちゃんと、病気とのバランスをとって生きようとしてるんだよね」ってことです。
ダニー君の生命力を信じましょう。ギフトはいっぱもらいましょう!

投稿: ミナト | 2013年10月10日 (木) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104082/58341149

この記事へのトラックバック一覧です: 求む!強いリモコン。:

« 藤助とカボチャ | トップページ | お泊りの二匹 »