« 藤助完治の7日目 | トップページ | 夢の中の藤助 »

2011年8月27日 (土)

今日が締め切りですよ~

環境省への

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

本日締め切りです。

検討されている事案はコチラ

 

ペットショップのショーケースで沢山の人に見つめられたり、ガラスたたかれたり。。。

ふれあいコーナーなんてところで、何時間も遊ばれたり。。。

そんな子犬(や子猫)を可哀想に思ったことはありませんか?  

 

夏休みの宿題よろしく、さっきやっと書き終わりました。

私が参考にしたサイトは、

「ほぼ日刊イトイ新聞」

「ジュルのしっぽ-猫日記-」

こちらのサイトの参考文章をコピーし、それを基に言いたいことを「真面目な文」で書くだけ。

1時間もあれば、書いてスッキリできますよ。

 

私が送った内容ですが・・・

参考文章そのままだったり、付け足したり、言い換えたりしてます。

 

件名

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

本文

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

1)意見提出者: ***

2)住所: 神奈川県***

3)連絡先電話番号: ****

  メールアドレス:  ***

 

■「2(1)深夜の生体展示規制」について

・20時以降の生体展示禁止、に賛成します。

・更に1日の展示時間、連続展示可能時間、休憩時間を設定すべきです。 

(例:1日8時間、連続4時間、休憩中1時間)。

【意見】

・幼齢期の動物の成育環境が、長時間衆目に晒されるという状態は過酷であり、改善すべきです。

・生体展示販売という販売形態は、安易な衝動買いを助長すると考えます。

 

■「2(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化」について

販売形態に限らず、動物の販売方法として、

販売時の対面説明と現物確認ができない取引はすべて禁止すべきです。

【意見】

・販売者と購入者が円滑かつ正確に情報交換をし、

相互に信頼関係が生まれる販売方法が理想だと考えます。

・動物をインターネットで販売することに関する規制、監視が不充分な現状では禁止せざる得ない。

  

■「2(4)犬猫オークション市場(せり市)」について

・動物愛護の観点でいえば、本来オークション自体を廃止すべきです。

・動物取扱業に含めるべきです。

・トレーサビリティーの確認ができないオークションは法律で禁止すべきです。

【意見】

現在、オークションでは繁殖業者と販売業者が直接接触できないしくみになっており、

トレーサビリティーが機能しない主原因になっています。

せりによる価格の売買だけではなく、その後に販売業者がトレーサビリティーを確認できたことをもって、

取引成立とするようにしくみを変更すれば、取引上問題ないはずです。

そもそも買い手が購入する犬猫の情報を取得できないこと自体、売買取引として不健全です。

監督官庁は放置すべきではありません。

この問題が解決しない限り、オークション問題は何も解決しないと言っていいでしょう。

今回、絶対に反映すべきだと考えます。

 

■「2(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢」について

今後、具体的に推進していくためには、海外事例が豊富な8週齢にし、

規制は強制力のある法改正で導入すべきです。

【意見】

前回(5年前)の改正時に事業者による自主規制を充実させるために改正を見送った項目であり、

自主規制で何ら結果を出せなかった以上、法規制をするのが順当だと考えます。

 

■「2(6)犬猫の繁殖制限措置」について

・事業者による自主規制に任せるのは反対です。

・犬猫共に年に2回以上、一生のうち6回以上出産させてはならないと法で規制すべきです。

・犬猫共に繁殖を目的として、1歳未満のメスに出産させてはならないと法で規制すべきです。

【意見】

・「犬と猫の違いや、品種の違いによっても適切な繁殖の時期や頻度が異なるため、一律の規制が困難であることから、事業者による自主規制に任せるべきであるとの意見もある。」について。

実際に繁殖に関しこのような事実があるのなら、その根拠や差異を明らかにし、

確実に安全な範囲を持ってして法規制すべきと考えます。

 

■「2(7)飼養施設の適正化」について

適正な施設のサイズや温湿度設定等の数値基準を示し、規制を導入することに賛成します。 

【意見】

・前述の「2(4)犬猫オークション市場(せり市)」についての意見でも触れていますが、

トレーサビリティーが確認出来るようになれば、購入者が繁殖施設の確認も可能になり、

劣悪な環境に対する抑止にもなると考えます。

 

■「2(10)登録取消の運用の強化」について

「虐待の違法性をどこが・何をもって判断するのか」は、大変重要な問題であり、

現在の体制だけでも公に広めるべきです。

(例:動物の虐待を見掛けたら、交番じゃなくて最寄の警察署へ。)

【意見】

虐待現場を目撃しても、どこに通報すればいいのか知らないでいる人が多いのが現状です。

動物愛護の観点から見て、あまりにレベルが低いと思います。

虐待を見つけたら、一般の人はどこへ連絡すればいいのか、

それがどんな体制で解決されていくのか、体制として周知すべきです。

 

■「その他:殺処分方法の改善」について

少なくとも幼齢・高齢の犬猫に対しては、二酸化炭素のみによる殺処分を禁止し、

麻酔薬併用の方法に改善すること。

 

【意見】

動物愛護の観点からも、二酸化炭素による殺処分方法は原則禁止するべきです。

自治体によって頭数や予算による違いがあって一律の規制が難しいのであれば、

「子猫子犬」に限定して実施するなど、殺処分の頭数が減少した現在、可能なはずです。

二酸化炭素による方法を選択する理由はありません。

二酸化炭素の処分について、問題があることは国も認めている以上、放置することはできません。

また、今回の法改正で反映しない場合は、中央環境審議会動物愛護部会において、

専門委員会を設け、特に議論することを求めます。

 

 

もしそうだ、そうだ。その通りだ!っていう方は、コピペして送ってもらって構いません。

メールで送るには、

「ほぼ日刊イトイ新聞」のパブリックコメントをメールで送るにはって項目を読んで宛先入れてください。

 

 

悲しいワンコ、ニャンコがいなくなりますように。。。今日も藤助は元気です。ラガーももちろん元気です(^^)v。。。

 

お気に召したらクリックを  (ノ゚∀゚)ノ

Rankbun01_1

← 人気BlogRanking 【犬】参加中。。。

 

 

Rankbun36← にほんブログ村 【ラブラドール】参加中。。。

 

 

 

 

|

« 藤助完治の7日目 | トップページ | 夢の中の藤助 »

コメント

パブコメ、わたしも数日前に出しました。

あれこれ悩んだ末に簡単に送れるようになっているサイトを見つけて
そこでお世話になっちゃいました。coldsweats01
少しでも多くの意見が取り入れられるといいですよね。

藤助くん元気になって何よりです。
てちは金曜日から薬がほんの少し減りましたが今のところ問題なし。
ふたりともこの調子で元気になりますように!

投稿: ニコちゃん | 2011年8月28日 (日) 22時16分

ごめんなさい!!!

大失敗。
土曜日にこちらに来ていたらやり方もわかったのに!

はぁー、本当に皆さん、かわいい動物達よ、役に立てなくてすみません!!><

投稿: ほるん | 2011年8月30日 (火) 15時15分

clover>>ニコちゃん
久々に難しい(?)文章を読んで頭痛になってしまいましたcoldsweats02
業界に屈せず、改善してくれるといいですね。

てちくんも順調で良かった。
少し秋の気配も感じられるようになったので、後は楽ちんなはず。
藤助も少しづつお散歩増やして、体力増進です。

clover>>ほるんさん
大丈夫! 又10月にあるそうですよ。
ペット後進国なんて汚名は早く返上したいものです。rock

投稿: ミナト | 2011年8月31日 (水) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104082/52579258

この記事へのトラックバック一覧です: 今日が締め切りですよ~:

« 藤助完治の7日目 | トップページ | 夢の中の藤助 »