« 藤助はどうしたい? | トップページ | 藤助にすること »

2009年11月 9日 (月)

藤助の治療方針

藤助の病気に係わってくれている、

腫瘍専門のF先生、ホームドクターのT先生・・・

どちらも信頼出来る先生です。

でも、もう一人会っておきたい先生がいました。

ホリスティック分野の獣医師、S先生。

 

 

 

Img_9407

最近ずっと、西洋医学的な話ばかりを聞いてきました。

全く別の切り口のS先生はなんて言うだろう・・・

 

私が疑問に思っていることを聞いてもらいました。

S先生は確率論ではなく、「キッパリ論」です。

予想通り。

 

でも、【ホリスティック】なのか、【切除手術+化学・放射線】なのか、

どうやって決めればいいのでしょうか?

もちろん、両方を併用することも可能ですが、

まず、一番に決めるべきことは、切るのか切らないのか。

私には決められない・・・

 

そんな私にS先生は、

「最後を迎えた時に、「あっちの治療法にすれば良かった」と後悔しない方を。」 

そんなアドバイスをくれました。...(-_-)

 

 

Cimg4785

丁寧な診療レポートをもらって帰宅。

(↑S先生曰く、帰りに記憶喪失になっても家族に説明ができる資料。)

・・・Yondaさんと相談。

 

・・・

・・・・

・・・・・・

 

そして昨日。手術の予約をキャンセルしました。

プレドニン等の投薬も、S先生に安全を確認した上で中止。

(副腎皮質ホルモン製剤は、急に止めると危険があるため)

 

今、藤助はS先生から処方された、

漢方のようなホメオパシーのようなエッセンスの吸入をしています。

そして、一日二回のリンパマッサージ。

食事も若干の変更をしつつ、一日一回になりました。 

 

 

 

Cimg4782

朝ごはんはボリュームたっぷり。

夜は無しなのですが、水分補給のためにスープをあげています。

 

 

決心はしたものの、今も気持ちはグラグラしています。

一日一日を丁寧に過ごすことが、良い方向に向かうと信じたいです。

 

 

温かいエールをありがとう。。。リンパマッサージ、とても気に入ったようです。2,3回目からは「やるよ~」っていうと寄ってきてゴロンします。少しづつ少しづつ、藤助の全身が正常な状態に戻りますように。

 

Mainbunner00_2 ← 最近始めたアウトドアブログはコチラ (^^ゞ) 

 

 

お気に召したらクリックを  (ノ゚∀゚)ノ

Ninblo_red

← 人気BlogRanking 【犬】 に参加中。。。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ← にほんブログ村 【ラブラドール】 にも参加中。。。  

 

 

|

« 藤助はどうしたい? | トップページ | 藤助にすること »

コメント

治療方針・・・
悩みますよね・・・
うちの坊ちゃんは西洋医学がNGなので
ホリスティックになりましたが
西洋医学に比べると確かに即効性はない・・・
でも副作用もなく
自分の治癒力で少しずつ良くなっています。
それでも不安になるもんです。汗

【一日一日を丁寧に過ごすこと】
その通りだと思いました。

投稿: ファボリまま | 2009年11月 9日 (月) 20時19分

藤助の病院どうなったか・・・とっても気になって胃がしくしくしてメール出来ませんでした。
どっちを選択するかで悩む気持ち実はすごくわかります。
うちも優吾の喘息&アトピーを薬でコントロールするか鍼灸で長いスパンで体質改善の治療するかすごく悩んで今でも悩んで、結局どっちつかずになっちゃってますけど。
みなとさん&Yondaさんの温かい想いで早く藤助の病気が治りますように。

投稿: いけ | 2009年11月 9日 (月) 23時38分

ホリスティックケアを選択されたんですね。
大きな病気で、決断されたのは、かなりの踏み込んだ勇気が必要だったことでしょう。
でも、病気には“流す”ということが一番効果的だと思いますので、間違ってはいないと思います。
恐らくレメディを飲みながら、リンパマッサージで流していく方法なんですね。

うちは、ANNAの鬱症状(心が壊れた状態)を改善するのに、ホメオパシーのレメディを使って以来、人間もホリスティックケアに切り替えました。
現在はインフルエンザ予防ワクチンも、レメディを使っているくらい。思い切って西洋医学とお別れしています。それからは、犬も人間もずっと健康になりました。

大切なのは、犬も飼い主も、いかに生きるか。なのではないでしょうか。

投稿: はいらっくす | 2009年11月10日 (火) 07時50分

いつも読み逃げですみません。
藤助君のこと、私には初めてで、コメントできませんでした。
ただ、だまって願っていよう・・・って、思っていました。
が、いくつも治療法を探し、選択しているみなとさん。
すごいなぁ~って、勉強されているんだなぁ。って思いました。私なら、ただ、おろおろして、獣医さんの言うことを聞くだけだと思うのです。
いろいろあるんですね。自分ももっと学ばなくちゃ。

藤助君・・・よくなることを祈っています。

投稿: ラブおかん | 2009年11月10日 (火) 08時50分

最期のときを迎えたときに後悔しないように・・・。

胸が痛みます・・。
どんな治療をしてもどれだけ尽くしてもきっと後悔してしまうかもしれない、でもやれるだけの事はやったという気持ちになれることが大切かも知れないと思いました。
いろいろ勉強されているミナトさんに本当に頭が下がります。
¥yonda家のみんな頑張れ!!
遠くから応援しています。

投稿: りんぽんママ | 2009年11月10日 (火) 12時39分

>>ファボリままさん
ファボ君ホリスティックになってから結構経ちますね。
少しづつ良くなっていると聞いて安心しました。
先日友人が、「なんでも3ヶ月続けると効果が分かる」というような話をしていました。
治療でもダイエットでも勉強でも、まずは黙って3ヶ月。
焦らない焦らない・・・

>>いけちゃん
そんなに心配をさせてしまってごめんなさい。
両方の医術を使い分けるスゴイお医者さんがいればいいのに。
そんなに浅いものではないから、こういう状況なのでしょうが・・・
優吾はまだ赤ちゃん。ゆっくり考えながら進んでいくのが正解だと思います。

>>はいらっくすさん
どうしても、【手術・投薬・放射線】に希望が見出せませんでした。
Yondaさんも同感だったようです。
もっと小さな病気からホリスティックに親しんでいたら良かったのですが、いきなり大きな決断を迫られる状況になってしまいました。
藤助はリンパの流れが遅いらしく、その処理速度と処理すべき量のバランスが取れず悪影響が出ているそうです。
その他色々複合要因もあります。
でも、進みたい方向と望む結果がはっきりしたことで、
積極的に治療に取り組めるようになりました。
一番嬉しかったのは、私にも出来ることがあるということでした。
充実した療養生活が送れそうです。
(出来れば短い期間でお願いしたいけど・・・coldsweats01

>>ラブおかんさん
いやいや、分からないことだらけでオロオロしているから、
色んな方法を探るのですよ。
正解なんてきっと無いんだと思ったら気が楽になりました。
心配でいっぱいになったり、楽天的になったり、
感情は不安定ですが、藤助にマッサージをすると安らげます。

>>りんぽんママさん
なんだか皆さん、私が勉強しているような錯覚に落ちているような。。。
これからですよ、これから。
S先生のアドバイスと、犬ご飯のパワーアップで実は結構忙しかったりします。
お陰で余計な事を考えなくていいのは助かります。


投稿: ミナト | 2009年11月10日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤助はどうしたい? | トップページ | 藤助にすること »